喜界町・生和糖業が原料搬入開始

テープカットをして製糖期間中の安全操業を祈願した生和糖業の原料輸送出発式=15日、喜界町

テープカットをして製糖期間中の安全操業を祈願した生和糖業の原料輸送出発式=15日、喜界町

 喜界町の生和糖業(金子勇人社長)は15日、2017年産(17~18年期)原料サトウキビの搬入を開始した。年内の操業開始は3期連続。搬入量は豊作だった前期実績(9万5833トン)より約1万4千トン少ない8万1600トンを見込んでいる。初日の搬入は726トン(平均甘しゃ糖度は11・28度)だった。