回帰へ海浜維持を/ウミガメ、徳之島でセミナー

上陸したウミガメの足跡を観察した参加者ら=29日、伊仙町

上陸したウミガメの足跡を観察した参加者ら=29日、伊仙町

 環境省徳之島自然保護官事務所主催のセミナー「ウミガメ研究の最前線」が29日、伊仙町の古里営農センターであった。国立研究開発法人水産総合研究センター西海区水産研究所研究員の奥山隼一さんが、ウミガメの生態に関する近年の研究成果を解説し、徳之島産の個体が回帰するために、「産卵が可能な海浜を維持することは非常に重要」と強調した。