地域)県、外来種対策検討委立ち上げ

外来種番付の作成公表も見込む県外来種対策検討委員会の初会合=2日、鹿児島市の県庁 

外来種番付の作成公表も見込む県外来種対策検討委員会の初会合=2日、鹿児島市の県庁

 県は2日、県外来種対策検討委員会(委員長・舩越公威鹿児島国際大学教授、13人)を立ち上げた。2014年度中にも県内に侵入した外来種をリストアップし、侵略的外来種番付を作成して公表するほか、15年度から16年度にかけて重点対策種を選定し、対策方針を策定する。事務局の県自然保護課は「県民参加の外来種対策展開につなげて鹿児島県の生物多様性保全を図りたい」としている。