多彩な舞台芸能、出身者の絆つなぐ 奄美沖縄県人会

エイサーなどで盛り上がった奄美沖縄県人会総会・敬老会・合同年の祝い=3日、奄美市名瀬

エイサーなどで盛り上がった奄美沖縄県人会総会・敬老会・合同年の祝い=3日、奄美市名瀬

 奄美沖縄県人会(前川順英会長、会員120世帯)の総会・敬老会・合同年の祝いは3日、奄美市名瀬のAiAiひろばであった。会員など約100人が集い、多彩な舞台芸能や抽選会などを楽しんだ。

 

 総会では2018年度の琉球フェスタ開催を報告。19年度はグラウンド・ゴルフ大会開催やオリオンベースボール大会出場などを予定しているとした。

 

 余興では奄美看護福祉専門学校に通う沖縄出身学生によるエイサーのほか、会員らの三線演奏、琉球舞踊、フラダンス、出身地域別の会員紹介などで盛り上がった。

 

 前川会長は「今は2世、3世の若手会員がまとまってきている。今年、新調した横断幕とのぼりを持って、沖縄のイベントに参加するなど活動の場を広げていきたい」と話した。