大和村が東京で特産品と観光PR

準備したタンカン250キロが完売した大和村のイベント会場=5日、東京・板橋区大山

準備したタンカン250キロが完売した大和村のイベント会場=5日、東京・板橋区大山

 大和村は4、5の両日、東京・板橋の商店街で「奄美大島大和村の黒糖焼酎とたんかんまつり」を開催した。タンカンをはじめ村の特産品を販売。観光ガイドやパンフレット類も配布して奄美大島と大和村の魅力を発信した。

 イベントは、大山商店街ハッピースクェアであった。奄美出身の大和村観光大使、指宿桃子さんと伊成実さんが島唄を披露して街行く人々の足を止めた。

 大和村から運び込んだタンカン250キロは最終日の午前中に完売。黒糖焼酎や切り干し大根、ジャム類も好評だった。

 買い物客らは「奄美のタンカンはおいしい。今日、買うことができてうれしい」(60代女性)、「『くび木』を初めて見た。工作に使う木片かと思ったが、お湯で煮て飲用にすると知って驚いた。早速試したい」(20代女性)などと話していた。