大和村議会、工事契約案を否決

 26日に開かれた大和村3月定例議会最終本会議で、津名久防災会館整備事業(建築、電気設備工事)の工事請負契約締結に関する議案が賛成少数で否決された。反対する議員は、施工業者の経営者が議員の親族であることを問題視し、「本来議員が順守しなければならない議員の倫理基準に反する」と指摘。賛成議員は「施設建設は住民の悲願であり、議員が賛成して早期に建設すべき」と強調した。村議会事務局などによると、工事請負契約関係議案が否決された例は過去にないという。