大城さん、天城町にサバニ寄贈

寄贈されたサバニと大城操さんの妻ヨシ子さん=3日、天城町

寄贈されたサバニと大城操さんの妻ヨシ子さん=3日、天城町

 天城町松原で漁業を営んでいた男性が所有していた琉球列島の伝統木造船「サバニ」が、同町に寄贈された。町歴史文化産業科学資料センター「ユイの館」(松村義則館長)の屋外人口池に展示して一般公開する。寄贈されたサバニは長さ7・8㍍、幅1・5㍍。1960年代に沖縄県糸満市で製造され、昨年5月に亡くなった大城操さん=享年(81)=が70年代ごろに沖縄の親戚から買い受けた。