大島病院で大規模災害訓練

ロビーで傷病者治療を訓練する職員ら=25日、奄美市

ロビーで傷病者治療を訓練する職員ら=25日、奄美市

 県の災害拠点病院に指定されている奄美市名瀬の県立大島病院(眞田純一院長、350床)で25日、大規模災害訓練が行われた。大地震で多数の傷病者が発生したと想定。病院職員をはじめ、消防、奄美看護福祉専門学校、奄美高校から300人余りが参加し、緊急時の医療体制や関係機関との連携体制を再確認した。