奄振総合調査で意見交換会/鹿児島市で出身者ら

奄美の振興策について意見を交わす県本土在住の出身者=6日、鹿児島市(鹿児島奄美会提供)

奄美の振興策について意見を交わす県本土在住の出身者=6日、鹿児島市(鹿児島奄美会提供)

 県本土在住の奄美出身者と県離島振興課との意見交換会が6日、鹿児島市で開かれた。2018年度末で期限が切れる奄美群島振興開発特別措置法(奄振法)の延長に向けた総合調査の一環。外からの視点で農業に観光、教育とさまざまな分野への提言が相次いだ。
 総合調査は奄美の課題や事業の成果を調べ、振興の方向性を示す作業。今回は住民アンケートのほか関東、関西、鹿児島、沖縄と各地の出身者組織と意見を交わしている。