奄美のカトリック迫害など解説 放送大学公開講座

奄美のカトリック迫害の歴史を通じて、大勢に流される怖さやメディアの危うさを解説した宮下准教授= 19日、奄美市名瀬の県立奄美図書館

奄美のカトリック迫害の歴史を通じて、大勢に流される怖さやメディアの危うさを解説した宮下准教授=
19日、奄美市名瀬の県立奄美図書館

 放送大学鹿児島学習センターの第56回公開講座が19日、奄美市名瀬の県立奄美図書館4階研修室であった。鹿児島大学法文学部の宮下正昭准教授(報道論)が、昭和初期の奄美大島でのカトリック迫害やメディアが軍部の情報に乗って太平洋戦争への突入を扇動した歴史などを解説し、時代の流れの中で個々が客観性や本質を見失う危うさを指摘した。