奄美の食文化で研究発表/鹿大シンポ

与論島在来のかんきつ類の有効成分について発表する塩﨑准教授=15日、鹿児島市の鹿児島大学

与論島在来のかんきつ類の有効成分について発表する塩﨑准教授=15日、鹿児島市の鹿児島大学

  鹿児島大学は15日、「健康長寿をかなえる鹿児島の食と生活」をテーマに鹿児島市の同大でシンポジウムを開いた。学生や企業関係者ら約180人が詰め掛け、研究者5人の発表に耳を傾けた。在来かんきつ類や黒糖焼酎など奄美の食文化に着目した研究成果も報告された。