奄美出身者らが「断食祈願」/鹿児島市

高野さん(奥)らと復帰運動の意義を語り合う参加者=4日、鹿児島市の上之園町公民館

高野さん(奥)らと復帰運動の意義を語り合う参加者=4日、鹿児島市の上之園町公民館

 「太平洋の潮の音は わが同胞の血の叫び 平和と自由を慕いつつ 起(た)てる民族20万 烈々祈る大悲願」―。県本土の奄美出身者らが4日、米軍統治下の奄美で復帰を願って行われた「断食祈願」を再現した。集まった約30人の半数近くが戦後生まれ。戦時中の苦労や復帰運動の体験談に耳を傾け、平和の尊さを実感した。