奄美地区安管協青年部「横断歩道とまり隊」を発足

「横断歩道とまり隊」の発足式であいさつする川畑隊長=28日、奄美市名瀬の交通安全会館

「横断歩道とまり隊」の発足式であいさつする川畑隊長=28日、奄美市名瀬の交通安全会館

 奄美地区安全運転管理協議会青年部などは28日、「あまみ横断歩道とまり隊(まい)」を発足した。同日、奄美市名瀬の交通安全会館で発足式があり、横断歩道歩行者が巻き込まれる交通事故防止へ向け、意識を共有した。

 

 奄美署によると、2019年、管内では71件の交通人身事故が発生。道路横断者と車両の事故は13件で、うち6件が横断歩道上だった。とまり隊は同署などと連携しながら、「横断歩道等における歩行者等の優先」の周知に取り組む。

 

 発足式で、隊長を務める同協議会の川畑稔仁青年部長は、奄美大島の方言を使いながら「多くの運転者に『(横断歩道を渡ろうとしている人がいたら)止まりまい』=止まらないと=と思ってもらえるよう、隊員が見本となる運転に努めよう」と呼び掛けた。

 

 年度末の歓送迎会時期ということもあり、式後、隊員は同市名瀬の繁華街で飲酒運転撲滅の啓発活動を行った。