奄美地方、梅雨入り-平年より2日遅く

雨露にぬれるイジュの花=11日、奄美市の名瀬運動公園

雨露にぬれるイジュの花=11日、奄美市の名瀬運動公園

 鹿児島地方気象台は11日、奄美地方が梅雨入りしたとみられると発表した。平年並みで昨年より1日遅い。向こう1週間、前線や湿った気流の影響で曇りや雨の日が続く見込み。平年と昨年の梅雨明けは6月29日ごろ。

 11日の奄美地方は湿った気流の影響で明け方から雨が降った。奄美市の名瀬運動公園ウオーキングコース沿いは梅雨の訪れを告げるイジュが愛らしい花を咲かせ、市民の目を楽しませていた。
 名瀬測候所によると、昨年の梅雨期(5月10日~6月29日)の雨量は名瀬791・5㍉、沖永良部427・5㍉だった。