奄美大島でキャッシュレス実証スタート

キャッシュレスシステムの利点や特徴について理解を深めた出席者ら=28日、奄美市

キャッシュレスシステムの利点や特徴について理解を深めた出席者ら=28日、奄美市

 指紋情報とクレジットカード情報をひも付けするキャッシュレスシステム「Touch&Pay(タッチアンドペイ)」の実証に向けたキックオフミーティングが28日、奄美市名瀬の奄美大島商工会議所であり、導入を進める出席者から「世界的な機運に乗り、旅行者の消費拡大を狙いたい」との声も上がった。2018年度は奄美市と龍郷町での実用化を進める。

 

 タッチ&ペイは㈱LIQUID(リキッド、東京都千代田区)が開発した支払いシステム。利用者はクレジットカードやパスポートの情報を登録することで、指紋認証での決済や宿泊施設のチェックイン、イベントのエントリーなどが可能になる。

 

 キャッシュレスシステムの推進は経産省の「IoT活用おもてなし実証事業」の一環。リキッドの林圭亮シニアマネジャーは「キャッシュレス化は世界的な流れ」とした上で「自治体が発行する独自通貨の登録や金作原への入山管理など、奄美ならではの活用方法を共に考えたい」と話した。

 

指紋情報で決算やチェックインなどが可能となる「タッチ&ペイ」=28日、奄美市

指紋情報で決算やチェックインなどが可能となる「タッチ&ペイ」=28日、奄美市

 奄美大島実証事業の期間は18年1月~19年2月。実証中はクレジットカードなどの決済手段によって通常0・5~2・98%かかる手数料が免除される。店舗側は専用アプリをダウンロードしたタブレット端末と市販の指紋読み取り機を設置し、精算は設置店とリキッド間で行う。

 

 事務局の㈱南西テレワークセンター(奄美市名瀬)の南郷仁志取締役は「まずは国内旅行者からも要望の多いクレジットカード決済の普及を軸に進める」として18年度内に200人の登録を目標に掲げた。19年度以降は他自治体にも範囲を広げるという。

 

 ミーティングには経済団体や自治体職員ら約20人が出席。セキュリティー面での安全性や島内在住者の利用などについて質問があり、関係者は「指紋の画像そのものではなく特殊な数値に置き換えたデータを利用するため、もし第三者に流出したとしても利用者情報の復元は不可能」「来日旅行者を想定しているが、在住者も利用できる」などと回答した。