奄美市で赤ちゃんトレーナー養成講座

トレーナーの役割について講義する恵理事長(左)=19日、奄美市

トレーナーの役割について講義する恵理事長(左)=19日、奄美市

 赤ちゃんや母親と共に、命の尊さや癒やしを伝える「赤ちゃん先生トレーナー養成講座」が19日、奄美市名瀬の奄美大島商工会議所で始まった。NPO法人・ママの働き方応援隊(神戸市)主催。恵夕喜子理事長(58)=同市名瀬出身=を講師に、座学でトレーナーの役割や心構えなどを学んだ。同法人は赤ちゃんの持つ無垢な力、人を引き付ける力に着目。0~3歳の乳幼児を「赤ちゃん先生」、母親を「ママ講師」とし、高齢者施設や教育機関などで触れ合い活動を行う定期出張型クラスを提案する。