奄美市名瀬の待機児童解消へ

 認可保育施設に入所できない待機児童問題が慢性化している奄美市名瀬地区で今春、地域型保育事業所6施設が開所し、約100人いる待機児童が解消される見込みとなった。地域型保育事業を導入して対策を進めてきた同市は「小規模で子どもに目が行き届きやすいのが特徴。0歳児から2歳児の幼児を持つ保護者は選択肢の一つとして検討してほしい」と話す。認可保育所と地域型保育施設の申し込み締め切りが今月15日に迫っており、希望者へ早めの申請を呼び掛けている。