奄美産業活性化協制作のサイトに最高賞

「外国人おもてなし大作戦in奄美」のホーム画面

「外国人おもてなし大作戦in奄美」のホーム画面

 県内個人、公共・民間事業所のインターネットサイトが対象の「鹿児島ホームページ大賞2019」(NPO鹿児島インファーメーション主催)の受賞作品発表が1月26日、鹿児島市であり、奄美産業活性化協議会が制作した「外国人おもてなし大作戦in奄美」が最優秀賞を受賞した。

 

 同サイトは厚労省の実践型地域雇用創造事業を活用し、2017~19年度に制作した。今夏の世界自然遺産登録実現を見据え、増加が予想されるインバウンド(訪日外国人観光客)への対応を学べる内容。

 

 サイトは「基礎編」「実践編」「検定」と大きく三つに分かれ、初歩的な英語で外国人をおもてなしするための例文や、対応するときの注意点などを動画やテキストで分かりやすく学べる。

 

 実践編では「観光施設」「飲食店」「タクシー」など具体的な状況下での英会話の例文を紹介。検定では学んだ内容をテスト形式で確認できるほか、日本語、英語、中国語で表示したトイレ使用の注意書きなどの張り紙をダウンロードできる「おもてなしツール」も用意されている。

 

 同協議会事務局の奄美市商工情報課は「動画の出演者は皆奄美在住の人たち。島全体での取り組みが高評価を得た」と説明し、「多くの方の協力のおかげでできたサイト。『奄美 外国人 おもてなし』で検索して、どんどん活用してほしい」と期待した。

最優秀賞を受け取った奄美産業活性化協議会事務局・奄美市商工情報課情報労政係の中江康仁係長(左)=同市提供

最優秀賞を受け取った奄美産業活性化協議会事務局・奄美市商工情報課情報労政係の中江康仁係長(左)=同市提供