奄美群島各高校で入学式 785人が新生活

元気よく返事をして入学許可を受けた奄美高校の新入生=9日、奄美市名瀬の奄美高校

元気よく返事をして入学許可を受けた奄美高校の新入生=9日、奄美市名瀬の奄美高校

  奄美群島各地の高校で9日、入学式があった。2019年度の入学者は定時制を含む公立私立10校で785人(男411人、女374人)。新入生たちは希望に満ちた顔で式に臨み、高校生活のスタートを切った。

 奄美市名瀬の県立奄美高校(堀之内尚郎校長)では115人(男58人、女57人)が入学。本年度は機械電気科が1クラス減少し5学科5クラスとなった。新入生は一人一人名前を呼ばれると、元気よく返事をして堀之内校長から入学許可を受けた。

 新入生代表の平井悠聖さん(機械電気科)は「学校の規則を固く守り、学業に励み、生徒としての本分をまっとうすることを誓います」と宣言した。

 堀之内校長は「創立102年目を迎える伝統校。何事にも果敢に挑戦し、自信と誇りを持って行動してほしい。充実した高校生活を送り、将来、奄美大島をはじめとする地域社会の発展に貢献できる人材となることを祈念する」と式辞を述べた。

 同校以外の群島の高校の入学者数は▽大島261人▽奄美定時制10人▽大島北48人▽古仁屋36人▽喜界38人▽徳之島84人▽樟南第二80人▽沖永良部72人▽与論41人。