奄美郷土研で遺産登録へ取り組み解説

世界自然遺産登録に向けた取り組みを考えた例会=28日、奄美市

世界自然遺産登録に向けた取り組みを考えた例会=28日、奄美市

 奄美郷土研究会の第359回例会が28日、奄美市名瀬の県立奄美図書館であった。環境省奄美自然保護官事務所の千葉康人上席自然保護官が講話。奄美群島国立公園の概要、世界自然遺産登録への取り組みを解説し、「国立公園や自然遺産がゴールではない。将来にわたって豊かに暮らすにはどうしたらいいか考える機会にしてほしい」と呼び掛けた。会員からは開発行為や外来種対策も提起された。