子ども大会でさまざまな遊び体験

保護者とパン食い競争を楽しむ子どもたち=26日、名瀬運動公園陸上競技場

保護者とパン食い競争を楽しむ子どもたち=26日、名瀬運動公園陸上競技場

 身の回りの物を活用した遊びや創作活動を楽しむ第37回奄美市子ども大会(市子ども会育成連合会主催)が26日、名瀬運動公園であった。家族連れなど約400人が参加。会場ではパン食い競争や近くの川辺での水生生物観察のほか、奄美少年自然の家のペットボトルロケット飛ばし、奄美市レクリエーション協会のニュースポーツコーナーなどさまざまな遊びができるブースがあり、来場者は歓声を上げていた。