寒波で葉物中心に野菜高騰

葉物を中心に、移入、地場産とも高値傾向が続く野菜=9日、奄美市名瀬の小売店

葉物を中心に、移入、地場産とも高値傾向が続く野菜=9日、奄美市名瀬の小売店

 1月下旬の寒波で、奄美でも葉物を中心に野菜の高騰が続いている。奄美市の名瀬中央青果㈱では2月に入ってからの平均卸値が移入物、地場産品とも前年同月の2倍以上で推移。暖冬傾向から一転、激しい冷え込みによる価格急騰は消費者の割高感にも拍車をかけているもようで、価格市場や小売店など関係者は「早く平年並みの水準に落ち着いてくれたら」と気をもんでいる。野菜の高値推移は、奄美大島への降雪など西日本全域に影響を与えた猛烈な寒波が原因。