少年相撲3冠の豊田君、一日署長に 徳之島署

一日警察署長の委嘱を受けた豊田君(中央)=8日、徳之島町亀津

一日警察署長の委嘱を受けた豊田君(中央)=8日、徳之島町亀津

 徳之島署は8日、2019年度に少年相撲国際親善大会「白鵬杯」、わんぱく相撲全国大会、全日本小学生相撲大会の3冠を達成した亀津小6年の豊田倫之亮君(12)を一日警察署長に委嘱した。豊田君は訓示と土俵入りを披露して署員を激励し、犯罪や交通事故のない島の実現へ気持ちを新たにした。

 

一日警察署長の委嘱を受け、土俵入りで署員を激励する豊田君=8日、徳之島町亀津

一日警察署長の委嘱を受け、土俵入りで署員を激励する豊田君=8日、徳之島町亀津

 徳之島町亀津の同署で委嘱式があり、田中聡署長が昨年1年間の管内情勢を報告。刑法犯認知件数は前年比34件減の47件と減少したものの、人身事故は同1件増の31件と横ばいで推移したことに触れ、「島民と連携して安全安心な徳之島をつくっていけるよう、署員一致団結を」と呼び掛けた。

 

 田中署長から委嘱状を受けた豊田君は「署員の皆さんは僕たちの安全を守り、安心して暮らせるよう頑張っていると思う。これからも徳之島から犯罪を押し出して、悲惨な交通事故を抑えてほしい」と訓示。その後、まわし姿で土俵入りを披露して署員を激励した。