島内外から求職者53人 奄美市であまみJOBフェア

求職者に事業内容などを説明する事業所担当者=14日、奄美市名瀬

求職者に事業内容などを説明する事業所担当者=14日、奄美市名瀬

 奄美市内23事業所の合同企業説明会「あまみJOBフェア」(奄美産業活性化協議会主催)が14日、同市名瀬の集宴会施設であった。島内外から20~70代の求職者ら53人が来場。各事業所の担当者と交流して業務内容などの説明を受けた。

 

 奄美市、ハローワーク名瀬と共催。年2回開催している。同日は金融、製造、宿泊、福祉、ITなど幅広い分野の事業所が参加。各事業所が1分間で企業PRを行った後、それぞれのブースを訪れた求職者に事業の特色や雇用条件などについて説明していた。

 

 奄美への移住を検討している鹿児島市の40代男性は「休みが少ないところが多いという印象を受けた。移住するためには働きやすさが大切」と話した。

 

 奄美市商工情報課の中江康仁雇用対策官は「地元企業の人手不足解消に期待している。企業側には休日や賃金など人が集まる魅力ある職場環境への改善も必要だ」と述べた。