崎原小中学校に16人が体験入学

1、2年のクラスで授業を受ける体験入学の児童と在校生=5日、奄美市名瀬

1、2年のクラスで授業を受ける体験入学の児童と在校生=5日、奄美市名瀬

 校区外からの通学を受け入れている奄美市名瀬の崎原小中学校(久野博幸校長、児童生徒20人)で5日、体験入学が始まった。対象は名瀬地区の他校区の小中学生。在校生とともに授業を受け、小規模校について理解を深めた。同校は市内では芦花部小中とともに校区外からの入学が認められる特認校。本年度は、18人の児童生徒が制度を利用している。