工事差し止めの仮処分申請/陸自配備で住民グループ

造成工事が進む大熊地区の駐屯地建設現場(上)と、仮処分の申し立てで鹿児島地裁名瀬支部に向かう「債権者の会」メンバーら=24日、奄美市名瀬

造成工事が進む大熊地区の駐屯地建設現場(上)と、仮処分の申し立てで鹿児島地裁名瀬支部に向かう「債権者の会」メンバーら=24日、奄美市名瀬

 奄美大島への陸上自衛隊南西警備部隊の配備をめぐり、配備に反対する住民グループ「奄美・自衛隊ミサイル基地反対債権者の会」(城村典文・荒田幸司共同代表)は24日、駐屯地など関連施設整備に向けた工事の差し止めを求める仮処分を鹿児島地裁名瀬支部に申し立てた。「部隊配備によってアマミノクロウサギなどが生息する貴重な自然環境が破壊され、憲法が定める平和的生存権や人格権も侵害される」などとして、工事差し止めの必要性を訴えている。自衛隊基地配備差し止め仮処分申請写真 丸山