市民後見人講座、21人に修了証

修了証書を受け取る受講生(右)=10日、奄美市名瀬

修了証書を受け取る受講生(右)=10日、奄美市名瀬

  2016年度市民後見人養成講座(奄美市、NPO法人あまみ成年後見センター主催)修了式が10日、奄美市名瀬の奄美病院であった。講座は昨年に続き2回目。7月から計50時間の講義・実技で認知症患者などの権利を守る成年後見人について学び、全講座のレポートを提出した21人が修了証書を手にした。受講者らは「要介護の家族や高齢化の進む地域のため、学んだことを生かしていきたい」「将来の自分自身のためにも勉強を続け、制度を広めたい」などと決意を新たにした。