市理原で自然探索会/龍郷町、身近な「宝」体感

市理原でアコウの巨木を観察する参加者=4日、龍郷町

市理原でアコウの巨木を観察する参加者=4日、龍郷町

 地元の自然を感じてもらおうと、龍郷町のNPO法人「HUG(ハグ)奄美」(里井つとよ会長)は4日、同町の市理原自然探索会を開いた。参加者は推定樹齢100年以上のアコウの巨木や、奄美大島が北限のオキナワウラジロガシの群生地などを観察。地域に残る自然の豊かさと保護の重要性を確認した。