幻想的な空間広がる 初のキャンドルナイト 伊仙町阿権

住民が製作した灯籠をライトアップしたキャンドルナイト=8日、伊仙町阿権

住民が製作した灯籠をライトアップしたキャンドルナイト=8日、伊仙町阿権

  【徳之島総局】伊仙町阿権集落(重松信雄区長、約150世帯)で8日夜、キャンドルナイトがあった。子どもたちや保護者らが制作した灯籠にろうそくやライトの明かりがともされ、集落に幻想的な空間が広がった。

 

 同集落では阿権八幡神社で毎年7月に六月灯が開催され、阿権小の児童が作った灯籠が飾られている。今年は新型コロナウイルスの影響で六月灯が中止になったことから、児童が製作した灯籠を飾る機会を設けようと、阿権子ども会育成会がイベントを企画した。

 

 同育成会が材料を準備し、先月上旬から製作した灯籠を、樹齢300年のガジュマルから同神社に続く石垣沿いの町道約150メートルに設置。午後7時過ぎから同8時半まで明かりがともされ、住民は散歩しながら情緒ある雰囲気を楽しんだ。

 

 阿権小6年の中幸也君(11)は「みんなで作った灯籠がライトアップされ、喜んでくれてうれしい」と述べ、同育成会の田中真須美会長(43)は「初めて企画したイベントだったが、灯籠の光がやさしく見ていて心が安らいだ。来年以降に六月灯が復活しても、季節を変えて実施していきたい」と話した。