幻想的にライトアップ  龍郷町秋名のヒカンザクラ

ライトアップされた県道沿いのヒカンザクラ=27日、龍郷町秋名

ライトアップされた県道沿いのヒカンザクラ=27日、龍郷町秋名

 龍郷町秋名集落の県道沿いに植えられているヒカンザクラの並木が27日からライトアップされ、幻想的な夜桜が住民らを楽しませている。2月11日まで毎日、午後6時から9時まで点灯する。

 

 ライトアップは同集落と幾里集落の有志で組織する「秋幾農業創成塾」(龍宮省三塾長)が桜の開花時期に合わせて毎年実施し、今年で3回目。奄美市名瀬の芦花部トンネルを抜けて秋名集落に向かう県道沿いの桜並木210本のうち、集落寄りの15本を照らす。

 

 日没に合わせた点灯セレモニーに地元住民ら約50人が参加。見物客でにぎわう中、ライトの光を浴びて桜の花が鮮やかに浮かび上がった。奄美市名瀬から家族4人で見物に訪れた前田啓さん(24)は「2年連続で見に来た。とにかくきれい。桜の色が際立って昼間とは違う魅力がある」と話した。