徳之島で世界自然遺産シンポ

2校の職員と地元ガイドらが意見交換したパネルディスカッション=4日、徳之島町

2校の職員と地元ガイドらが意見交換したパネルディスカッション=4日、徳之島町

 【徳之島総局】徳之島町主催の「世界自然遺産シンポジウム」が4日、同町生涯学習センターであった。講演した東京大学大学院特任助教の田中俊徳氏は世界自然遺産候補地の徳之島に対して、登録後の観光客の増加を見据えた官民による「持続的なエコツーリズム」の構築を提言。島内2小学校の児童らが地元集落の案内役に挑戦した「子ども版エコツアーガイド」の取り組みを発表した。両校職員と地元ガイドによるパネルディスカッションでは、「子どもたちに自信と誇りが生まれた」「『島っ子ガイド』を各校区に広めてほしい」という声が上がった。