徳之島で50年に一度の大雨

  奄美地方は20日、寒冷前線の影響で、南部を中心に大雨に見舞われた。徳之島、伊仙両町では午前1時ごろまでの1時間におよそ80㍉の猛烈な雨を観測。名瀬測候所は同日午前2時9分、徳之島で「50年に1度の記録的な大雨となっている」と発表し、河川の氾濫や土砂災害などへの厳重な警戒を呼び掛けた。徳之島では住宅の床下浸水や道路の冠水、小規模な土砂崩れなどの被害もあった。