徳之島コーヒーが初収穫

収穫作業を行った徳之島コーヒー生産者会の研修会=24日、伊仙町

収穫作業を行った徳之島コーヒー生産者会の研修会=24日、伊仙町

 徳之島コーヒー生産者会(吉玉誠一会長、会員22人)が栽培に取り組む徳之島産コーヒーの収穫が始まった。2012年の苗木の植え付け開始から4年。度重なる台風被害を乗り越えて、念願の本格的な収穫にこぎつけた。生産者は「ようやくここまで来た」と喜び、「夢は徳之島で1万本の栽培。島で焙煎までできれば新しい産業になる」と意欲を見せた。徳之島でのコーヒー栽培は、伊仙町単独の農家所得向上事業の一環で、2010年に旧徳之島農業高校のハウスでコーヒー苗の試行栽培をスタートした。