恒久平和へ誓い新た 天城町戦没者追悼式

天城町戦没者追悼式で献花する遺族ら=30日、天城町浅間

天城町戦没者追悼式で献花する遺族ら=30日、天城町浅間

 天城町の2020年度戦没者追悼式が30日、同町浅間の平和の森慰霊碑前であった。町内から遺族など約50人が参列。戦争で犠牲となった425柱のみ霊の冥福を祈り、恒久平和の誓いを新たにした。

 

 参列者全員で黙とうをささげた後、森田弘光町長は式辞で「私たちは戦争の教訓を風化させることなく、平和の大切さを次の世代に継承する責任がある。平和への決意を新たにし、『住んでよかった。これからも住み続けたい天城町』実現のため全力を尽くす」と誓った。

 

 天城町戦没者遺族会の盛田修市会長(代読)は「私たち遺児も80歳代となり、遺族会の存続は孫やひ孫世代による青年部設立が不可欠。二度と戦争を繰り返さず、未来永劫(えいごう)平和であり続けてほしい」と述べた。

 

 参列者はその後、特設慰霊碑に菊の花をささげて手を合わせ、戦没者の冥福を祈った。