持続可能な社会へ向け提言

米作り体験について発表する大城小児童=9日、兵庫県豊岡市の中筋地区公民館(同校提供)

米作り体験について発表する大城小児童=9日、兵庫県豊岡市の中筋地区公民館(同校提供)

 持続可能な地域社会の発展を子どもたち目線で考える「豊岡こどもサミット」(同実行委員会主催)が9日、兵庫県豊岡市の中筋地区公民館であった。豊岡市立中筋小6年生18人と沖永良部島の和泊町立大城小5、6年生10人が地元の良さを見詰め、未来につなげたい価値を提言。大城小児童は同校の米作り学習を紹介し、「大変さ、作る人への感謝、命の大切さを学んだ」と話した。