政照役・斎藤さんがトークショー

ドラマ撮影時の思い出話などを披露した土持政照役の斎藤嘉樹さん=24日、知名町

ドラマ撮影時の思い出話などを披露した土持政照役の斎藤嘉樹さん=24日、知名町

 NHK大河ドラマ「西郷どん」のおきのえらぶ島PVに合わせ、知名町で24日、沖永良部島の偉人で島役人の土持政照役を演じる斎藤嘉樹さん(27)のトークショーがあった。斎藤さんは撮影で来島時に、住民の人の良さを実感して役づくりに生かしたと語った。

 

 トークショーはドラマ放送直前にPV会場のあしびの郷・ちなであり、斎藤さんはイベントの司会を務めたNHK鹿児島放送局の小山凌アナウンサーらと軽妙なトークを展開。ドラマの見所を問われ、「一番の見所は沖永良部島」と答え、来場者を喜ばせた。

 

 土持の役柄については、来島して島の人と触れ合う中で決めたという斎藤さん。「島の人たちが昔からの友だちのように話しやすく、いい人たちだった。これは昔から続くものだと思い、『いい人』ということを芯に入れて役を演じた」と話した。

 

 初出演となった今回の大河ドラマでは、西郷と語る場面は薩摩の方言を、母ら島民と語らう場面では沖永良部島の方言を使い分けており、「すごく大変でした」と方言に苦労したことも明かした。