新型コロナで浜下れ行事も中止 奄美市

例年、海開きと併せて行われていた浜下れ行事=2019年、沖永良部島

例年、海開きと併せて行われていた浜下れ行事=2019年、沖永良部島

 新型コロナウイルスの全国的な感染拡大を受けて、奄美市は26日に計画していた旧暦3月3日の浜下れ行事を中止することを決めた。

 

 例年は、生まれたばかりの赤ちゃんの足を海水につけて健やかな成長を願う浜下れ行事と海開きを行っていたが、今年は同市名瀬の大浜海浜公園と笠利町の用安海岸で海開きの神事のみを実施する。

 

 奄美市紬観光課の島袋修課長は「毎年多くの人でにぎわう伝統行事だが、感染拡大のリスクと皆さんの安全を第一に考えた。ご理解をお願いしたい」と話している。

 

 このほか、沖永良部島でも浜下れ行事の延期を決めた。与論町は海開きの神事と浜下れを計画。瀬戸内町は海開きの神事のみ行う予定。