明生目指せ三賞 安山さん特注のぼりで応援 奄美市

特注のぼりのもとで笑顔を見せる安山さん=16日、奄美市名瀬鳩浜町

特注のぼりのもとで笑顔を見せる安山さん=16日、奄美市名瀬鳩浜町

 大相撲九州場所で活躍中の明生関=瀬戸内町出身=を応援する特注のぼりが奄美市名瀬鳩浜町ではためいている。のぼりの持ち主は同町で自動車板金工場を経営する安山幸蔵さん(73)。「今年は目覚ましい成長ぶり。目指せ三賞」とエールを送った。

 

 安山さんは明生関と同じ瀬戸内町の篠川出身で明生の親戚に当たる。工場経営の傍らで元県柔道会大島支部長を務めた。大の相撲ファンでもあり、明生関が幼いころから活躍を見守ってきた。

 

 のぼりの文字は白星を取ってほしいとの願いから全て白抜きとこだわった。安山さんは「奄美に帰ってくるたびに明生に会っているが、身体が締まってきて実力を上げてきているのが分かる。小さい時から相撲一筋の男。今場所を勝ち越せるように応援したい」と力を込めた。