明生関、等身大パネル設置 瀬戸内町の後援会

瀬戸内町きゅら島交流館ロビーに設置された明生関の等身大パネル=6日

瀬戸内町きゅら島交流館ロビーに設置された明生関の等身大パネル=6日

 瀬戸内町明生関後援会(会長・鎌田愛人町長)は6日、町きゅら島交流館に大相撲で活躍する明生関(25)の等身大パネルを設置した。鎌田町長は「コロナ禍の大変な中で直接会場には行けないが、パネルを通して明生関に町民からの応援の気持ちを届けたい。町の子どもたちには、パネルの明生関と一緒に写真を撮ることで、勇気と元気をもらってほしい」と話している。

 

 等身大パネルは7月場所での十両優勝を機に準備を進め、2種類製作した。立ち姿は高さ180センチ、横幅90センチで明生関の大きさにほぼ合わせた。新生児を土俵入りさせる姿は、高さ160センチ、横幅130センチで、子どもが明生関に抱かれているような形で記念撮影ができる。着けている化粧まわしは、同後援会が新十両となった際に贈ったもの。

 

 この日同館を訪れた同町の岡野鷹之心君(5)は「明生関は大きくてかっこいい」と笑顔で話し、報道陣の撮影に応じてくれた。

 

 明生関は同町阿室釜出身で立浪部屋所属。2016年11月場所で新十両、18年7月場所で新入幕。先場所は幕内(東前頭13枚目)で9勝6敗と勝ち越した。11月場所は8日、東京・両国国技館で初日を迎え、明生関は西前頭10枚目で出場予定。11月場所に向け、「勝ち越し、2桁勝利、そして優勝を狙って頑張ります」と町民へメッセージを寄せた。

 

 パネルは今後、町の各種イベント会場に設置するなどして活用する予定。