昔ながらの黒糖作り

さたぐるまを使ってサトウキビを搾る子どもたち=28日、和泊町の国頭小

さたぐるまを使ってサトウキビを搾る子どもたち=28日、和泊町の国頭小

 和泊町立国頭小学校(大久保照義校長)の5年生9人は28日、さたぐるまや大釜を使った昔ながらの黒糖作りを体験した。先人の苦労を感じるとともに、自分たちで作った黒糖の味に満足の笑顔を浮かべていた。