春の叙勲 奄美から8人受章

 政府は2018年春の叙勲受章者を発表した。全国の受章者は4154人。鹿児島県内は69人で、内訳は旭日章20人、瑞宝章49人。奄美在住者は8人だった。元奄美市議会議員の竹田光一氏(72)=奄美市笠利町用安=と元与論町議会議員の麓才良氏(70)=与論町麦屋=は旭日双光章、和泊町商工会会長の山田明氏(70)=和泊町和泊=は旭日単光章を受章。元和泊町消防団団長の沖裕任氏(69)=和泊町手々知名、元公立中学校校長の晴永清道氏(73)=喜界町荒木、保護司の嘉原篤己氏(73)=瀬戸内町阿木名=は瑞宝双光章を受章。本場奄美大島紬製造業従事者の生田範男氏(70)=奄美市名瀬小浜町=と民生・児童委員の村田ユリ子氏(72)=奄美市名瀬浜里町=は瑞宝単光章を受章する。発令は29日付。