最終受験倍率0・67倍  県公立高の入試終わる  

 県公立高校の2017年度入学者選抜学力検査最終日は8日、県内各校で社会、数学の学力検査と面接が行われた。学力検査定員1万1448人に対して1万305人が受験。最終受験倍率は0・90倍となり、7年連続で1倍を下回った。大島学区は学力検査定員1035人に対して694人が試験に臨み、最終受験倍率は0・67倍だった。