最終受験倍率0・81倍 入試終了、13日合格発表 県公立高

試験会場を後にする受験生=6日、奄美市名瀬の県立大島高校

試験会場を後にする受験生=6日、奄美市名瀬の県立大島高校

県内公立高校の2020年度入学者選抜学力検査最終日は6日、県内各校で社会、数学の学力検査があり、特に大きなトラブルもなく2日間の日程を終えた。学力検査定員1万1300人に対して9194人が受験。最終受験倍率は0・81倍となり、10年連続で1倍を下回った。受験者が1万人を切ったのは3年連続。大島学区は学力検査定員1014人に対して658人が試験に臨み、最終受験倍率は0・65倍だった。

 

 県教育委員会によると、最終出願者数は県全体で9520人で、最終的に326人が欠席した。新型コロナウイルス感染症による欠席者の報告はなかった。

 

 学校・学科別の最終受験倍率は全日制で①鹿児島中央(普通)1・47倍②鹿児島玉龍(普通)1・39③鶴丸(普通)、鹿児島南(商業)1・32⑤鹿児島水産(情報通信)1・30│の順で高かった。

 

 最も低かったのは鹿児島商業(国際経済)0・15倍。次いで薩摩中央(普通)0・18、垂水(普通)0・20、山川(園芸工学・農業経済)、薩摩中央(生物生産)、鶴翔(食品技術)の0・23だった。

 

 県全体の定員割れは63校(全日制61校、定時制2校)、125学科(全日制123学科、定時制2学科)。

 

 大島学区の学校・学科別の最終受験倍率は▽大島(普通)0・82倍▽奄美(機械電気)0・53▽同(商業)0・25▽同(情報処理)1・15▽同(家政)0・55▽同(衛生看護)0・68▽大島北(普通)0・58▽同(情報処理)0・73▽古仁屋(普通)0・50▽徳之島(普通)0・75▽同(総合)0・82▽沖永良部(普通)0・76▽同(商業)0・78▽奄美定時制(商業)0・23。

 

 合格発表は各高校で13日午前11時以降に行われ、受験番号を発表する。第2次入学者選抜の出願期間は18日から19日正午まで。23日に面接や作文などを行い、24日午後2時以降に合格者を発表する。

 

受験生、ほっと一息 大島高校

 

 奄美市名瀬の県立大島高校では学力検査定員278人に対して229人が受験した。新型コロナウイル感染症対策のため面接を行わず、正午前には全日程がトラブルなく終了した。生徒たちは、ほっとした表情を浮かべながら引率教諭や保護者のもとへ向かい、試験の手応えを報告していた。

 

 奄美市の男子生徒は「社会はできた。バスケ部に入部してベンチ入りできるように頑張りたい」と笑顔。同市の女子生徒は「大学進学が目標。入学したら文武両道の生活を送りたい」と話し、高校生活への期待を胸に学校を後にした。