朝仁海岸に油様の物体 広範囲に漂着、海保が調査 奄美市

海岸に流れ着いていた黒い油様の物体=1月31日、奄美市名瀬の朝仁海岸(提供写真)

海岸に流れ着いていた黒い油様の物体=1月31日、奄美市名瀬の朝仁海岸(提供写真)

 1日午前11時20ごろ、奄美海上保安部へ「奄美市名瀬の朝仁海岸に油のようなものが漂着している」と通報があった。海岸の広い範囲に黒色の油様の物体が落ちており、奄美海保が原因や成分を詳しく調べている。

 

 発見した住民から名瀬保健所を通して奄美海保へ通報があった。近くに住む住民によると、油様の物体は少なくとも1月31日午後3時ごろからあったという。

 

 朝仁海岸近くでマリンスポーツサービスを展開する男性(33)は「所属するカヌークラブのメンバーが発見し、注意を呼び掛けていた。たまに少量見つけることは今までにもあったが、これだけの量は初めて。先日のタンカー事故の件もあり心配」と話していた。

 

 油様の物体は十島村の宝島でも1月27日に確認されており、先月、東シナ海で衝突・炎上し奄美沖で沈没したイランのタンカー事故との関連性を指摘する住民らから不安の声があった。

 

 関係者によると、同事故で流出した積み荷の軽質原油「コンデンセート」は一般的に無色または淡黄色。第10管区海上保安部は「漂着物が積み荷の油の可能性は低い。タンカーの燃料油の可能性も含めて調査しているが、現時点で関連性は不明」としている。

油状の漂着物が見つかった朝仁海岸=1日、奄美市名瀬

油状の漂着物が見つかった朝仁海岸=1日、奄美市名瀬