本茶峠で枯れ松倒木相次ぐ

枯れ松の倒木があった現場。大部分は道路上の他の木の枝に残っている=22日午後2時ごろ、奄美市名瀬

枯れ松の倒木があった現場。大部分は道路上の他の木の枝に残っている=22日午後2時ごろ、奄美市名瀬

 旧国道58号の奄美市道本茶峠線で松くい虫被害木の倒木が相次いでいる。奄美市土木課によると、大雨や強風の翌日には2~3件の情報が寄せられる。22日にも通報があり、職員が現場に急行、道路に散乱した倒木片を撤去した。本茶峠は名物のヒカンザクラの花見時期を迎えるが、同課は「十分に注意してほしい」と呼び掛けている。