東が丘団地で買い物支援  奄美市名瀬小浜町

住民の購入品を持って避難用歩道を上る奄美市の職員=4日、奄美市名瀬小浜町

住民の購入品を持って避難用歩道を上る奄美市の職員=4日、奄美市名瀬小浜町

 奄美市は4日、土砂崩れに伴う市道の全面通行止めで半孤立状態となっている同市名瀬小浜町の東が丘団地(125世帯205人)で買い物支援を行った。市職員が避難用歩道を使って高台にある団地まで食料や日用品を運び上げ、集会所で住民に販売。台風25号が接近する中、住民は数日ぶりの買い物に安堵の表情をのぞかせた。

 

 土砂崩れは台風24号が奄美の西を北上した先月30日夕に発生。伊津部小学校グラウンド横から東が丘団地方向へ100㍍ほど登った道路が土砂に覆われた。山道を上がっていく避難用歩道は確保されているが、車両が通行可能な迂回路はない。

 

 支援には㈱グリーンストア(同市名瀬入舟町)が協力。2日までに同市が住民から注文を受け、20世帯分の買い物を代行した。同社は今年6月、奄美市と災害時の支援物資供給に関する協定を結んでいる。

 

 パンや米などを買った内田末男さん(80)は「前の台風が来て以降、買い物はできていなかった。避難用歩道を歩くのは大変。次の台風が来る前に買えてよかった」と笑顔を見せた。

 

 東が丘自治会長の松下京子さんは「台風が続く中、早急な支援のおかげで住民は助かっている」と感謝する一方で、台風25号の接近について「被害が拡大しないか不安」と語った。

 

 奄美市によると、市道復旧のめどは立っていない。市福祉政策課は「市道が復旧するまで、買い物支援を続ける」としている。