楽しみながら健康づくり 喜界町で体験フェスタ

楽しく体を動かした貯筋体操=11日、喜界町体育館

楽しく体を動かした貯筋体操=11日、喜界町体育館

 喜界町体育館で11日、きかい100スポーツクラブ(積山忠久運営委員長)が主催する健康&体力つくり体験フェスタが開催された。親子連れなど約50人が参加しスポーツや体操など楽しみながら爽やかな汗を流した。

 

 同クラブは2011年に設立された喜界町唯一の総合型地域スポーツクラブ。「100種類のスポーツを100歳まで楽しめるよう年100日やってみよう」をスローガンに、小中学生対象のスポーツ少年団活動をはじめ、幼児向けや一般向けのサークル活動も展開している。

 

 体験フェスタは、町民に気軽にスポーツを楽しんでもらおうと初めて企画された。幼児から小学校低学年向けの体験教室には多くの親子が参加し、トランポリンなどを使って遊びながら運動能力を高めるプログラムを楽しんでいた。一般向けのヨガや「貯筋体操」、体幹・リフレッシュ運動なども人気を集めていた。

 

 ヨガを体験した女性は「気持ちよく体を動かすことができた。これからは積極的にクラブを利用したい」と笑顔を見せていた。クラブマネージャーの梶原貴史さんは「幅広い年代の人に参加してもらい、みんなの笑顔が見られてよかった。こういう企画を今後も積極的に開催し、多くの町民にサークルに参加してもらいたい」と話していた。