母間小でICT授業研究公開

 

タブレット端末を使って練習問題に取り組む児童ら=28日、母間小学校

タブレット端末を使って練習問題に取り組む児童ら=28日、母間小学校

 徳之島町の母間小学校(福宏人校長、児童35人)で28日、「ICT(情報通信技術)利活用による授業改善」をテーマに公開研究会があった。島内の教職員約70人が参加。研究発表では同校の教諭がICT機器を活用した学力向上の取り組みを報告。参加者らはタブレット端末などを使った授業を見学し、効果的な指導法について意見交換した。同校は2014年度から2年間、ICTを利活用した「予習型学習による少人数・複式学級における授業改善」をテーマに実践研究に取り組んでいる。