水中展覧会アクアート開幕/瀬戸内町嘉鉄

制作した「嘉鉄の灯台」を海中に潜り自分の目で確かめる嘉鉄小の児童ら=20日、瀬戸内町嘉鉄沖(アクアート実行委員会提供)

制作した「嘉鉄の灯台」を海中に潜り自分の目で確かめる嘉鉄小の児童ら=20日、瀬戸内町嘉鉄沖(アクアート実行委員会提供)

 大島海峡を美術館に見立てた水中展覧会「アクアート」(実行委員会主催)が20日、瀬戸内町嘉鉄で開幕した。浅瀬、中深場、深場の3エリアに、群島内や関東、関西の美術作家らが工夫を凝らした12作品を展示している。22日まで。