沖永良部・与論島にホンダワラ類が大量漂着

大量の海藻の漂着が確認された漁港=9日、与論町麦屋港

大量の海藻の漂着が確認された漁港=9日、与論町麦屋港

 毎年主に春先から初夏にかけて奄美群島各地の海岸などに漂着するホンダワラ類の海藻が、今年は例年よりも特に多く確認されている。沖永良部島や与論島の沖合と沿岸では9~10日にかけて、海藻が大量に漂流・漂着しているのが見つかった。各漁港内にも押し寄せ、漁業者の出漁にも影響を与える事態となっている。